高岡市医師会報掲載記事  
   
               

高岡在宅褥創研究会症例検討会内容要約紹介にあたって
※本Websiteに掲載されている画像、文章等の無断使用・転載を一切禁止します。
 高岡在宅褥創研究会(旧高岡褥創勉強会)の症例検討会では、大変貴重な症例の提示とそれについての示唆に富むディスカッションが行われています。内容については、会員の方には毎回内容要約と発表者からの症例のまとめを冊子にしてお配りしています。
 症例は患者さんの特定が比較的簡単にできるため、Webでの紹介は控えてきましたが、ディスカッションについては普遍的な内容を含んでおり、毎回私自身大変勉強になっているため、ここに内容を吟味し、個人情報の保護を行いながら症例検討会内容の要約を提示することにいたしました。
 症例そのものの提示は最小限にし、ディスカッション内容を主に御紹介いたします。

    
第82回 (2016.01.21) 下肢拘縮の考え方と対応法
第76回 (2015.01.16) 場所を変えて繰り返す褥創対策
第74回 (2014.09.18) 褥瘡の状態は体重変化と連動
第73回 (2014.07.17) 多職種で行く在宅チーム医療
第72回 (2014.05.22) 認知症褥瘡を多職種チームで改善
第71回 (2014.03.20) 嚥下パスでわかった甲状腺機能低下症
第70回 (2014.01.16) 在宅から施設に入っての疑問<
第69回 (2013.11.21) 勉強会で全スタッフのケア向上
第68回 (2013.09.19) 繰り返す転倒骨折後褥創と在宅連携
第67回 (2013.07.18) 長期間治癒しない慢性褥創
第66回 (2013.05.16) 移乗委員会とポジショニング
第65回 (2013.03.21) 訪問リハビリは希望を叶えるリハビリ
第64回 (2013.01.17) 頸部後屈への対応・穴開きフィルム法
第63回 (2012.11.15) 皮膚の保湿、多発褥創のポジショニングは困難
第62回 (2012.09.20) 創の洗浄・坐骨部褥創
第61回 (2012.07.19) 完璧な褥創管理の落とし穴
第60回 (2012.05.17) 精神疾患の褥創、創周囲石鹸洗浄はしない
第59回 (2012.03.22) ガーゼよりオムツ直接で
第58回 (2012.01.19) 在宅で自由気ままもありか
第57回 (2011.11.17) 改善悪化を繰り返す踵部褥創
第56回 (2011.09.15) QOLの重視、情報の共有
第55回 (2011.07.21) 終末期の下腿潰瘍や摂食障害の考え方
第54回 (2011.05.19) 褥創在宅連携のコツ
第53回 (2011.03.17) フィルム材・亜鉛・オムツと創傷
第52回 (2011.01.20) 軽症だが難治褥創と姿勢保持
第51回 (2010.11.18) 経口栄養と胃瘻:嚥下評価とケアの心構え
第50回 (2010.09.16) 拘縮の強い方のポジショニング
第49回 (2010.07.15) ALSの褥創ケア・気切部や腸瘻部皮膚障害
第48回 (2010.05.20) 肉芽の感染・ヨードと甲状腺機能・複数医師の在宅管理
第47回 (2010.03.18) ラップ療法とカンジダ症
第46回 (2010.01.21) アルツハイマー型認知症に発症した褥創例
第45回 (2009.11.19) 足の褥創対策と、ストーマ周囲皮膚障害
第44回 (2009.09.17) 高齢者骨折後の褥創・看取り
第43回 (2009.07.16) 食事摂取改善の努力、人工物存在下の難治潰瘍
第42回 (2009.05.21) PEG皮膚潰瘍と在宅ASO踵潰瘍
第41回 (2009.03.19) 認知症の褥創と家族介護
第40回 (2009.01.22) ラップ療法関連症例
第39回 (2008.11.20) 糖尿病と創管理
第38回 (2008.09.18) 治療に難渋する褥創
第37回 (2008.07.17) 仙骨尾骨部の二重褥創と、感染した褥創
第36回 (2008.05.15) 布おむつ・在宅褥創の限界?
第35回 (2008.03.20) ストーマケア技術・褥創と脱水栄養
第34回 (2008.01.17) ADLと食事姿勢
第33回 (2007.11.15) 難治褥創・在宅の看取り
第32回 (2007.09.20) 医師と看護師の連携
第31回 (2007.07.19) 褥創と離床の重要性
第30回 (2007.05.17) 下肢屈曲拘縮褥創例と在宅再発褥創例
第29回 (2007.03.15) 終末期褥創と、PEGによる難治褥創
第28回 (2007.01.18) 褥創とポジショニング
第27回 (2006.11.16) 難治悪化褥創
第26回 (2006.07.20) 認知症と褥創
第25回 (2006.05.18) 脳梗塞と創傷
第24回 (2006.03.16) 拘縮の強い方の褥創の特徴
第23回 (2006.01.19) 陰圧閉鎖療法・栄養悪化改善と褥創の経過
第22回 (2005.11.17) 坐骨部褥創・疼痛による褥創
第21回 (2005.07.21) 拘縮と体位保持
第20回 (2005.05.19) 癌末期の褥創
第19回 (2005.03.17) リクライニング車いす・老々介護
第18回 (2005.01.20) 褥創対策委員会
第17回 (2004.09.16) 下腿の血管性潰瘍
第16回 (2004.07.15) 強拘縮例の褥創治療