高岡市医師会報掲載記事  
   
               

高岡在宅褥創研究会の御紹介
※本Websiteに掲載されている画像、文章等の無断使用・転載を一切禁止します。
症例発表用フォーム
症例発表用フォーム(マイクロソフト ワード形式)
症例発表用フォーム(PDF形式)         
※ご自由にダウンロードしてお使いください

 ▼ 高岡在宅褥創研究会発足の挨拶 ▼

 2002年1月から始まった「高岡褥創勉強会」ですが、会の運営をもっと会員の相互協力で行うことで、より地域でのネットワークを強固にするために、会則を定め、研究会として再発足することになりました。
 以下に「高岡在宅褥創研究会」の会則をお示し致します。
 事務局は、高岡駅南クリニック内に置きますが、当研究会への入会や参加申し込みの連絡は、冨木医療器株式会社および越屋メディカルケア株式会社へお願い致します。

 事務局:〒933-0871 高岡市駅南3-1-8 高岡駅南クリニック内 高岡在宅褥創研究会事務局
     TEL:0766-29-1200 FAX:0766-29-1222

 入会および参加申込先:
     冨木医療器(株)  高岡営業所 柳澤 TEL:0766-26-7111 FAX:0766-26-7151
     越屋メディカルケア(株) 本部 宮崎 TEL:076-223-7250 FAX:076-223-0084

入会申し込みフォーム
正会員・施設会員用申込書         
※ダウンロードして記入後、FAXをお願い致します
「高岡在宅褥創研究会」会則

                                        (2007年3月15日)
                                      (2010年1月21日改定)

第一条(名称)
   本会は「高岡在宅褥創研究会」(以下、本会と略す)と称する。

第二条(目的)
  本会は、高岡地区の在宅褥創や創傷に対するケアの質を高め、また患者と家族の負担や苦痛を軽減することを
  目的としている。そのため、在宅褥創・創傷ケアに携わる全ての人の知識と技術の向上を目指すとともに、施
  設間・職種間における情報交換を円滑かつ活発に行える環境を作ることを目的に会を運営する。

第三条(事業)
  本会は前条(第二条)の目的を達成するために定期研究会の開催及び必要な事業を行う。
  定期研究会は、奇数月第3木曜日に年5回開かれる。ただし、やむを得ない理由があれば、中止あるいは変更
  を行う。
  定期研究会では、毎回講演と症例提示を行い、現在進行中の問題についてディスカッションを行う。
  広く会員以外も対象として、適宜公開シンポジウムを開催できる。

第四条(会員)
  高岡地区における本会の主旨に賛同する医師、訪問看護ステーションや介護保険施設に勤務する者、あるいは
  在宅褥創・創傷ケアに関係する者及び団体をもって会員とする。あるいは会長が特別に認めたものも会員とな
  れる。
  正会員:規定の年会費を納めることで正会員となり、定期研究会に優先的に参加できる。
  施設会員:既定の年会費を納めた施設は施設会員となり、施設内の2名が定期研究会に優先的に参加できる。
  賛助会員:本会の目的・事業に賛助する企業団体は、既定の年会費を納めることで賛助会員となる。
  会員となるためには、会長の承認を要する。

第五条(役員)
  本会の円滑な運営を図るために各施設ごとに1名の施設代表者をおく。正会員の中から会長および幹事を選出
  する。
 (1)会長(1名)
    本会の業務を総理し、本会を代表する。
 (2)施設代表者(各施設1名)
    会長は定期研究会の案内を施設代表者に伝える。
    施設代表者は施設内の定期研究会への参加予定者を事前登録する。
    定期研究会では2〜3施設が症例発表を行う。
    施設代表者間で発表施設の順番を調整する。
    会長は施設代表者の意見を聞きながら幹事と決議事項について検討し、定期研究会において議決する。
    本会の議決権は定期研究会に参加した正会員及び施設会員が持つ。
 (3)幹事(若干名)
    本会の事務運営を統率するとともに、本会の会計報告を監査する。

第六条(議決)
  本会の議決は、隔月に開かれる定期研究会において行う。

第七条(会計)
  会計は、会費・企業展示費および寄付金等をもって充てる。
  研究会正会員年会費は、2,000円とする。
  正会員は研究会に無料で優先的に参加できる。ただし事前登録が必要である。
  施設会員年会費は、8,000円とする。施設会員施設では研究会に無料で2名が優先的に参加できる。ただし
  事前登録が必要である。
  正会員及び施設会員には研究会報告誌が送付される。
  会員以外の定期研究会参加者は、毎回1,000円を納入する。
  賛助会員は年会費10,000円を納入することで、定期研究会で企業展示と情報提供に参加できる。
  定期研究会での企業展示には1社1回10,000円を納入する。
  本会の事業計画および、これに伴う収支決算は、定期研究会の承認を得るものとする。
  本会の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第八条(事務局)
  本会の事務局は高岡駅南クリニック内に置き、事務運営を円滑に遂行する。

第九条(会則変更)
  本会則の変更は定期研究会の決議を経なければならない。

付則
  本会会則は、2007年3月15日より実施する。


 ▼ 高岡褥創勉強会の挨拶文 ▼

  高岡褥創勉強会は2002年1月17日から、奇数月に開いています。
 この勉強会は、高岡地区の在宅における褥創患者さんへのケアの質を高めることで、褥創を持つ患者さんと家族の皆さんの苦痛を軽減することを目的としています。そのためには、在宅医療や介護に関係するさまざまな施設および職種間において、情報交換を活発に行い、助け合いを円滑にすることが大切です。
 具体的には、この勉強会において、最新の褥創ケアの方法を勉強し、実践し、そして現在進行中の問題点をここで発表し、みんなで考えながら解決策をさがしていくことだと思います。
 私は、褥創および創傷ケアに関して最新の知識と技術および経験を得るチャンスに恵まれ、いろいろなところで講演をしたり、雑誌から執筆の依頼を受けて参りました。生まれ故郷の富山県に戻ったのは1991年ですが、富山でも創傷や褥創の新しいケアを広めようと勉強会などを不定期で開いてきました。そして、1997年にここ高岡においてクリニックを開業し在宅の創傷・褥創ケアを本格的に始めました。そこでがく然としたのは、10年近く富山県で頑張ったつもりが、実は空回りで在宅ケアはほとんど変わっていないことに気がつきました。
 そこで、在宅に携わる、しかも高岡市の私のクリニックから簡単に行ける狭い範囲で仲間を集うことにしました。そして私もよく解っていない在宅褥創の勉強会をして、地域のレベルアップを図るとともに、いろいろな問題について教えてもらい、一緒に考えていきたいと感じました。そして始めたのがこの勉強会です。
 したがって、この高岡褥創勉強会は「在宅」がキーワードとなったクローズドな会です。構成員は、介護施設・訪問看護ステーションなどの看護職の方、介護施設などの管理栄養士、ケアマネージャー(在宅支援専門員)、在宅医療を行っている医師や歯科医師、その他在宅医療や介護を行っている方です。
 毎回、最新の褥創・創傷用具の企業の展示が行われています。会の進行は、まず私の方から褥創ケアに必要な知識について、30分の講義を行います。そのあとで、在宅で行われた症例の提示を2〜3例出してもらい、ディスカッションをします。会は2時間予定していますが、進行の不手際でいつも少しオーバーしてしまいます。
 話し合う内容は、現場ならではの大変ユニークな視点を持っており、毎回新鮮な勉強をさせてもらっています。症例についてはプライバシーの点等制約があるため、ここでは私の講義録をPDFにしてお示しいたします。

                                                                                   
第82回 (2016.01.21)福祉用具のリフトを使おう tec82.pdf
第76回 (2015.01.16)銀含有ドレッシングによる銀アレルギー? tec76.pdf
第75回 (2014.11.20)褥創とコラーゲンペプチド tec75.pdf
第74回 (2014.09.18)OHスケール解説 tec74.pdf
第73回 (2014.07.17)スリーステップ栄養アセスメント(NA123)の紹介
      在宅での栄養コミュニケーションツール
tec73.pdf
第72回 (2014.05.22)「在宅患者訪問褥瘡管理指導料」情報 tec72.pdf
第71回 (2014.03.20)Skin Tear(皮膚裂傷)の治療 tec71.pdf
第70回 (2014.01.16)リハビリテーションと栄養摂取 tec70.pdf
第69回 (2013.11.21)多職種チームでの在宅褥創ケア tec69.pdf
第68回 (2013.09.19)拘縮のある方のポジショニング法 tec68.pdf
第67回 (2013.07.18)クリティカルコロナイゼーションとバイオフィルム tec67.pdf
第66回 (2013.05.16)オムツと排泄 tec66.pdf
第65回 (2013.03.21)ゲーベンクリームの使い方 tec65.pdf
第64回 (2013.01.17)坐骨部褥創の治療 <過去 10 年間に経験した 9 症例> tec64.pdf
第63回 (2012.11.15)褥創局所療法 <ドレッシング法の選び方> tec63.pdf
第62回 (2012.09.20)創傷治癒とWound bed preparation (2) tec62.pdf
第61回 (2012.07.19)創傷治癒とWound bed preparation (1) tec61.pdf
第60回 (2012.05.17)動きのサポート tec60.pdf
第59回 (2012.03.22)在宅でのポケット処置をどうするか tec59.pdf
第58回 (2012.01.19)仙骨部の浅い褥創の経過 tec58.pdf
第57回 (2011.11.17)創を観察し,触って考える tec57.pdf
第56回 (2011.09.15)介護連絡帳 tec56.pdf
第55回 (2011.07.21)褥瘡と在宅NSTの考え方<如何に連携を行うか?> tec55.pdf
第54回 (2011.05.19)褥創をズレから守るドレッシング法 tec54.pdf
第53回 (2011.03.17)低温熱傷 tec53.pdf
第52回 (2011.01.20)DESIGN-Rを使ってみる tec52.pdf
第51回 (2010.11.18)在宅嚥下内視鏡検査と入れ歯 tec51.pdf
第50回 (2010.09.16)踵褥創の新知見 tec50.pdf
第49回 (2010.07.15)在宅で行う褥創のデブリードメント tec49.pdf
第48回 (2010.05.20)車イス生活をする場合の注意点 tec48.pdf
第47回 (2010.03.18)閉鎖湿潤環境と創治癒 tec47.pdf
第46回 (2010.01.21)在宅褥創発症時の対応 tec46.pdf
第45回 (2009.11.19)褥創の危険な壊死組織とは tec45.pdf
第44回 (2009.09.17)在宅嚥下訓練 tec44.pdf
第43回 (2009.07.16)在宅下腿潰瘍 tec43.pdf
第42回 (2009.05.21)PEG・経腸栄養における簡易懸濁法 tec42.pdf
第41回 (2009.03.19)肛門周囲皮膚障害:浸軟はドライスキン tec41.pdf
第40回 (2009.01.22)腸内を整える tec40.pdf
第39回 (2008.11.20)在宅褥創は現場主義 tec39.pdf
第38回 (2008.09.18)再発褥創が難治である理由 tec38.pdf
第37回 (2008.07.17)移動と移乗について
       <「床ずれケアナビ在宅版」を使って>
tec37.pdf
第36回 (2008.05.15)在宅褥創治療の全経過 tec36.pdf
第35回 (2008.03.20)褥創の密閉吸引法 tec35.pdf
第34回 (2008.01.17)在宅褥創:施設と在宅の双方向的連携の必要性 tec34.pdf
第33回 (2007.11.15)リフラップシートの使い方:表皮化には湿潤環境が必須 tec33.pdf
第32回 (2007.09.20)医師と看護師の連携 tec32.pdf
第31回 (2007.07.19)褥創発症予測スケールを使ってケア計画作成に生かす tec31-1.pdf, tec31-2.pdf
第30回 (2007.05.17)足先の褥創 tec30.pdf
第29回 (2007.03.15)骨破壊のある褥創 tec29.pdf
第28回 (2007.01.18)車椅子シーティングと褥創ケア tec28.pdf
第27回 (2006.11.16)摂食嚥下と栄養改善 tec27.pdf
第3回シンポジウム (2006.09.18)在宅での褥創発症予防と治療にむけて tecsym03.pdf
第26回 (2006.07.20)NPUAP重症度分類 tec26.pdf
第25回 (2006.05.18)消毒と殺菌剤軟膏の違い tec25.pdf
第24回 (2006.03.16)アルギネート材を褥創に使う tec24.pdf
第23回 (2006.01.19)ポケットのある褥創治療 tec23.pdf
第22回 (2005.11.17)閉塞性動脈硬化症(ASO)に合併する足の褥創 tec22.pdf
第2回シンポジウム (2005.09.19)専門家が考える褥創最新の理論と実践 tecsym02.pdf
第21回 (2005.07.21)周術期褥創 tec21.pdf
第20回 (2005.05.19)巨大感染褥創の治療 tec20.pdf
第19回 (2005.03.17)ハイドロコロイドドレッシング材の科学的特性 tec19.pdf
第18回 (2005.01.20)大転子部褥創 tec18.pdf
第1回シンポジウム (2004.11.28)褥創をチームで取り組むための専門性とは何か tecsym01.pdf
第17回 (2004.09.16)在宅褥創ケアをふりかえって tec17.pdf
第16回 (2004.07.15)湿潤環境と創治癒 tec16.pdf
第15回 (2004.05.20)栄養評価法と食事調査 tec15.pdf
第14回 (2004.03.11)糖尿病と褥創 tec14.pdf
第13回 (2004.01.15)PSSTの使い方 tec13-1.pdf, tec13-2.pdf
第12回 (2003.11.20)創傷処置法の歴史、頭部褥創の治療 tec12.pdf
第11回 (2003.09.25)資料無し tec11.pdf
第10回 (2003.07.17)エアーマットレスの使用上の注意 tec10.pdf
第09回 (2003.05.15)水疱のドレッシング法 tec09.pdf
第08回 (2003.03.20)創傷治癒環境 tec08.pdf
第07回 (2003.01.16)創傷治癒のメカニズム tec07.pdf
第06回 (2002.11.21)デブリードメント tec06.pdf
第05回 (2002.09.19)急性期褥創 tec05.pdf
第04回 (2002.07.18)ポケットのある褥創の治療 tec04.pdf
第03回 (2002.05.16)表皮化のおこり方と創の収縮 tec03.pdf
第02回 (2002.03.21)感染した褥創の診断と治療 tec02.pdf
第01回 (2002.01.17)褥創ドレッシング法の分類 tec01.pdf

Acrobat Readerをダウンロードするには、下記のアイコンをクリックして下さい。
(※ダウンロードには多少の時間がかかりますので、ご了承願います。)