高岡市医師会報掲載記事  
   
               
胃内視鏡検査 大腸内視鏡検査 嚥下内視鏡検査 ストーマ外来 リハビリ 栄養科
※本Websiteに掲載されている画像、文章等の無断使用・転載を一切禁止します。
特殊技術
胃内視鏡検査
 胃内視鏡検査は、胃や十二指腸・食道内にポリープ・胃炎・出血・憩室炎・腫瘍などがないかを直接観察することができるのが特徴です。さらに、胃炎や腫瘍があると”バイオプシー”といって組織の一部を取ってきて顕微鏡検査を行い、確実な診断を行うことが可能です。
 当院では、患者さんに苦痛の無い、いわゆる無痛検査を目指しています。そのためできるだけ細い内視鏡(9mm)を導入したのはもちろん、他にもさまざまな工夫をしています。これらのことによって内視鏡検査はかなり楽になっています。
 そうはいっても、胃の検査に強い不安をお持ちの方や、「以前胃の検査を受けた時つらい経験をして、もうこりごり」という方もいらっしゃるでしょう。このような方は軽度の鎮静剤を使用する方法もありますので職員に御相談ください。
 さらに最近の技術の進歩により、9mmのものと比べほとんど画質を落とさずに5mm径の内視鏡が開発されました。当初は画質的に劣り病変の見落としが懸念されましたが、2010年末には現在の大変優れたものが登場しました。当院では、この最新型の胃内視鏡を導入しております。5mm の内視鏡は、もはや口からの挿入の必要はなく、鼻の穴から十分に挿入できるようになりました。これを経鼻内視鏡と呼びます。
 経鼻内視鏡では、のどへの刺激が無く、検査中のつらさがほとんど無くなったため、もはや鎮静剤を使う必要が無くなりました。今まで口からの胃内視鏡検査が苦手だった方には最大の福音となりました。検査中も口がふさがっていないため、不安なことがあれば術者と会話しながら検査を行うことができます。
 以上のように、通常の口からの経口内視鏡検査以外に、経鼻内視鏡での検査を選択することもできます。是非内視鏡担当者にご相談ください。
 胃内視鏡検査は毎日行っていますが、待ち時間を少なくするためにできれば予約検査をお薦めいたします。御希望の方は看護師または受付にご相談下さい。
 当院における経口内視鏡検査と経鼻内視鏡検査の比較をご覧下さい。
  利点欠点
経口内視鏡検査・画像がきれい
・ポリープ切除や止血操作などの処置が必要に
 なった場合、そのまま実施できる。
・丈夫にできている
・吐き気が生じやすい
・唾液が多く出てむせやすい
・のどが痛くなることが多い
・鎮静剤を必要とする方が多い
経鼻内視鏡検査・吐き気がほとんどみられない
・技術力により、画質が改善
・唾液がほとんどでない
・のどが痛くなりにくい
・患者の苦痛がないため、ゆっくり検査ができる
・鎮静剤がいらない
・ポリープ切除や止血操作・色素散布などの
 処置ができないため、これらが必要になった
 場合、経口内視鏡の挿入が必要になる
・検査時間がやや長くなる
・壊れやすい
・両方の鼻の穴が狭いとできないことがある
 (極めて稀)


「胃カメラ、経鼻か経口か?」 2012年12月16日(日)新聞掲載記事(当院院長記載)
  日本は世界一、胃がんが治りやすい国になりました。それは早期に発見されるからで、胃内視鏡検査の普及と関係があります。例えば、早期胃がんでは99%の治癒率(5年生存率)ですが、進行した胃がんでは50%以下になってしまいます。治療法が進歩しても早期発見が大切です。
  とは言っても、胃内視鏡検査が辛かったため二度としたくない方や、苦痛と聞いて躊躇する方も多いようです。でも胃内視鏡検査は進歩しています。苦痛のより少ない麻酔法や検査法が一般化しました。また機器の進歩により、今では9ミリ以下の太さになりました。さらに5ミリのものが開発され、鼻からの検査も可能になりました。それぞれの検査の利点と欠点を考えてみましょう。
  経口内視鏡はやや太くて硬いため、のどを刺激し吐き気をおこします。利点としては、画像が鮮明であること、鉗子孔という器具を通す管が太く、ポリープを取るなどの処置が行えることです。またある程度の硬さがあるので、観察が容易で組織を取る検査も短時間で行え、検査時間が短くなります。
  経鼻内視鏡は柔らかく、のどへの刺激が少ないため、吐き気はほとんどありません。余裕が出て、自分の胃の観察を希望される方もいらっしゃいます。しかし、画質はやや悪いことと、鉗子孔が細いため、組織検査はできても処置はできません。内視鏡が柔らかいことで、見にくい場所の観察に時間を割く必要があり、また胃液の吸引や送気にも時間がかかるため、検査時間は1.5〜2倍になります。鼻腔が狭い方では、鼻出血や鼻の痛みを伴うことがあります。ごく稀に鼻の麻酔薬でめまいを生じることもあります。とは言え、口からの検査で大変な苦痛を経験した方にとって、鼻からの検査はウソのように楽な検査です。
  いずれにしても、ある程度の年齢になれば定期的な胃内視鏡検査が勧められますが、そのときに口からか、鼻からかを選べることは、日本の科学技術の成果であり、喜ばしいことと思います。


▲▲上へ

大腸内視鏡検査
 日本においても食事など生活習慣の西欧化に伴い、病気も変化してきています。
特に癌ではかなりはっきりとした傾向がみられ、日本に特有であった胃癌の減少と反比例して、肺癌や乳癌が増えています。その中でも大腸癌の上昇が際立っています。
 さて、当院は1997年開業以来、全大腸の検査として大腸内視鏡検査を行っていますが、この度1997年8月より、2000年9月までの検査症例をまとめてみました。

当院大腸内視鏡検査結果
 1997年8月より2000年9月までの間に、158回の大腸内視鏡検査を行い、その内全大腸を 観察したのは154回でした。
これらのうちポリープは79例、47%にみられました。また、大腸癌は9例、5.4%でした。
9例の内訳は、進行癌が5例、早期癌が4例でした。その場で内視鏡的に切除したのは3例でいずれも治癒しました。

大腸内視鏡検査理由
 大腸内視鏡検査を行った理由として、何らかの症状によって当院を受診し検査したのは148例で、このうち癌は5例、3.4
%にみられました。 それに対し大腸癌検診の精密検査として行ったのは20例で、このうち癌は何と5例、20%にみられました。このように大腸癌発見率はかなり高くなっていますが、これは当院では全大腸をくまなく観ており、治癒可能な早期の小さな癌の多いことと関係していると思われます。
当院での大腸内視鏡検査の特徴
当院の大腸内視鏡検査の特徴は
1. 全大腸を観察すること
2. 苦痛無く検査を行っていること
3. 1回の検査で治療も済ませること
です。
  苦痛無く検査を行うために、まず前日の食事制限はありません。検査当日の朝に来院していただき、診察の後に当日検査前に飲む下剤を、個室で落ち着いて服用してもらいます。もちろんトイレも気兼ね無く使用できます。
 検査時は弱い麻酔薬を用いますが、無理に大腸を延ばすことを避け、体位交換と大腸の短縮操作を行うことで痛みのほとんど無い検査が可能になりました。検査時間は大腸をくまなくみるために30分ぐらいかかりますが、ポリープや大腸早期癌があった場合、その場で切除を行うためにさらに30分ほどよけい時間を要します。
ポリープなどの切除術を行った場合も行わなかった場合も、検査後約2〜3時間ほど休んでから帰宅してもらいます。帰宅後は、特に切除術を行った場合は翌日まで消化の良いものを食べてもらうことをお薦めします。
最新の大腸内視鏡を導入
 さらに2011年からは、内視鏡の硬さが変わる可変型で、しかも細径の内視鏡を導入しました。しなやかさも併せ持ち、手術などで癒着のある方でもスムースに挿入ができるようになりました。拡大観察機能も持っており、診断能も向上しました。
 このように全大腸内視鏡検査は、今では苦痛のほとんどないものになりました。症状の無い方は高岡市の大腸癌検診を受け、万一要精密検査の場合は思い切って大腸内視鏡検査を受けましょう。また、痔があったり便通異常など大腸に不安のある方も大腸内視鏡検査を一度は受けることをお薦めいたします。
▲▲上へ

嚥下内視鏡検査
当院では、お食事のときにむせたり、飲み込みがうまくできない方や、誤嚥性肺炎(食べ物が誤って肺に入ってしまうことで起こる肺炎)を起こす可能性がある方に対し、 飲み込みの状態を確認するための嚥下内視鏡検査を行っております。ご家庭に訪問して行うこともできます。

嚥下内視鏡検査とは
鼻から細い内視鏡を挿入し、喉の中の飲み込みの動作を映像で確認できる検査です。 実際にお食事をしていただきながら行うため、食べ物がどのくらい噛まれているか、また唾液と混ざっているか、飲み込みがうまくできているかなどを見ることができます。 また、口腔内の汚れ具合を確認することもできます。

医師・看護師・管理栄養士がスムーズにお食事ができるように、お手伝いさせて頂きます。
嚥下内視鏡検査をご希望の方は看護師までご相談下さい。
▲▲上へ




ストーマ相談外来
 ストーマとは癌(がん)や炎症・外傷のため、おなかに作られた便や尿の出口のことです。俗に「人口肛門」とも呼びます。日本でストーマを作る手術は年間14,000件くらいあり、ストーマを持つ人は9万人以上と考えられています。ストーマを持つことで便や尿をスムーズに出せ、日常生活も普通に送れるようになります。ストーマから出る便や尿は、一般的に、おなかに付けた袋にためます。袋をおなかに付ける技術は近年大変進歩し、入浴や激しい運動も可能になりました。
 ストーマ装具の使い方を指導する専門看護師も養成されています。しかし、ストーマ装具も万能ではなく、使いやすいストーマを作ることが大変重要です。なぜならストーマの位置や形が悪いと、便や尿漏れが起こりやすくなるからです。そのため、手術前にストーマの位置決めを行い、形も平坦ではなく突出したものを作ります。このように使いやすいストーマを作る努力は手術前から始まるのです。それでもいろいろな事情で、便や尿の漏れやすいストーマになってしまう場合があります。このようなときも専門看護師がいろいろ工夫して、何とか普通の社会生活ができるように指導します。
 手術で便や尿の排泄法が変わることは大変ショックなことですが、手術前から医師とよく話し合い、ストーマを持った後も専門の看護師のアドバイスを受けることが大切です。
 当院では、専門知識を持つ院長と、専門看護師によるストーマ相談外来を行っています。完全予約制ですので、ストーマ相談外来を御希望の方はあらかじめ電話予約のうえ来院してください。ストーマ相談外来は保険診療で行っています。
オストメイトの人権宣言(UOA)
以下にオストメイト(ストーマを持つ人)世界大会での人権宣言があります。これはオストメイトに限らず全ての患者さんに共通した内容だと思い御紹介いたします。
オストメイトは
1.術前に十分なカウンセリング(説明・助言)の機会を与えられること
2.適切な位置にストーマが造設されること
3.良いストーマが造設されること
4.熟練した看護師から術後の手当てを受けること
5.精神的支えを受けること
6.個人個人に合った指導を受けること
7.補装具について充分な情報を受けること
8.社会福祉制度について充分な情報を受けること
9.退院後のフォローアップ(経過観察)と生涯にわたっての指導をうけること
10.医療従事者のチームワークによる健康管理に関する助言を受けること
11.全国組織のオストミーグループに関する情報を受けること
ストーマケア情報提供書
第24回北陸ストーマ研究会(平成20年9月13日開催)にて板倉洋子先生(村山医療センター看護部)に特別講演を行なっていただき、発表の際に「ストーマ情報提供書」を示しておられました。ケアの際の便利なツールとなると考えここに公開させていただきますので御利用下さい。公開に当たり許可をいただきました板倉先生に感謝致します。
 ●ストーマケア情報提供書(板倉洋子先生作成)
▲▲上へ

リハビリ
 当院リハビリ室では理学療法士、柔道整復師、整体師が機能運動訓練やマッサージを行っています。そのほか、訪問リハビリテーション、温水プールでの水中運動指導も行っています
手技マッサージの全身的生理作用
1. 血液、リンパの流れをよくし組織の栄養を高めます。
2. 神経を適度に刺激して、爽快感を与え神経の働きを調整します。
3. 筋肉の疲労を回復させ、筋力を高め作業能力と持久力をつけます。
4. 癒着を剥離し、関節の動く範囲を多くします。
5. 内臓の働きを反射的に高め、消化・吸収・呼吸・分泌・排泄など盛んにし、全身の新陳代謝を活発にし治療効果を高めます。
マッサージの強度について
 マッサージ中、力が強く痛みを我慢されていると筋肉が固くなりより痛みを増す場合があります。
 マッサージ中に強いと感じられたらその場で遠慮なく担当者におっしゃって下さい。

室内温水プール
 当院2階には、年間を通して水温 32〜33℃を保つ室内温水プールがあります。 膝や腰が痛くて通常の運動がやりにくい方のためのリハビリを目的としたプールです。毎日時間を決めてインストラクターによる水中運動指導を行なっています。大変楽しく、40分間のレッスンはあっという間に過ぎます。詳しくは受付までお尋ねください。
▲▲上へ

栄養科
栄養相談
 健康と毎日の食事習慣とは、密接な関係があります。健康の維持と病気の治療には、毎日の食生活の見直しが大切です。「ダイエットしたい」「バランスよい食事をしたい」「食欲がないが、栄養をとるにはどうしたらよいか」など、漠然とした疑問から切実な問題まで、一人一人の抱える悩みは違うと思います。
 当院では、管理栄養士が皆様のそのような悩みに基づいてお聞きし、専門的なアドバイスを行っています。診察の後、医師の指示に基づいて相談を行います。日頃の食習慣や栄養に関する疑問・悩みになるべく具体的にお応えします。
 相談は予約制です。御希望の方は受付でお申し込み下さい。

健康セミナー(栄養教室)
 毎月1回(午前11時30分〜12時30分)当院2階の多目的室において、栄養教室を行っております。テーマを変えながら、毎月1回開催します。講義の後は、お弁当を頂きながらの会食もあります。お弁当の栄養量もお話しながら、食事による栄養管理の仕方を楽しい会話の中で行っていきます。
 料金は診療費の他にお弁当代630円(実費)が必要です。実施日はお問い合わせください

※なお、栄養相談・健康セミナー(栄養教室)の対象になる方は以下の方となります。
 糖尿病・腎臓病・高脂血症・高コレステロール血症・脂肪肝・肥満・痛風・高血圧・貧血・胃潰瘍・嚥下困難・低栄養状態です。

訪問栄養相談
 訪問栄養相談とは、特別な治療食を必要とする利用者の居宅(自宅)において、管理栄養士が療養生活に必要な食事環境作りを支援するサービスです。利用される方の身体の状態や、生活上の都合をよくお聞きし、安心できる食事を御提案いたします。利用者またはその御家族に対し1回30分〜1時間を目安に提供します。
 利用できる方は、介護保険の要支援または要介護認定を受けておられる方で、なおかつ治療のために特別な食事管理を必要とする方が対象となります。主に「糖尿病コース」「腎臓病コース」「高血圧コース」「高コレステロールコース」「貧血コース」「噛む飲み込みが困難コース」などを用意しています。
 対象になるかどうか判らない方は、かかりつけの先生もしくは担当の介護支援専門員(ケアマネージャー)に御相談下さい。サービスは、管理栄養士が御本人、御家族とよく話し合い、介護支援専門員(ケアマネージャー)と連絡をとり計画的に提供します。まずは、かかりつけの先生の方から当院医師への紹介状にて情報提供していただきます。そのうえで、来院による診察あるいは往診のうえ、栄養食事療法について、当院医師からの「食事指示箋」に基づいてサービスの提供を開始します。かかりつけの先生はかわりません。

サービスの内容例 お食事計画として、より治療効果の高い食事プランを立てます。また、自宅にある食材を使って、実際にお料理を作ります。材料はこちらで御用意することも可能です(食材料費は実費)。その他に、嚥下補助食品・高栄養補助食品・ビタミン補給食品などの紹介も致します。
サービス料金 1回につき533円の負担となり、月2回まで利用可能です。食材の持ち込みなどで、実費が発生する場合は、必ず前もって御利用者又は御家族の同意を確認いたします。
お支払い方法 御利用者負担金は、訪問前にお電話にて、当日分を連絡いたしますので、訪問時まで御用意いただきますようお願いいたします。
その他 初回の診察や必要に応じて診察を行う場合は別途費用が生じる場合があります。
▲▲上へ